Volume Index

パンクとは、あらゆるモノ創りに共通する、未来を創ろうとする内省的な精神の運動のことだ。

ロックは現在を否定し、過去を嘆き、それらを破壊する衝動で立ち止まってしまうが、パンクはそうではない。

先人が創った伝統やルール、政治的なシステムを破壊するにとどまらず、それらを再編成し、新たな創造に繋げる。ただの現状の否定ではなく、時代をチューニングし、時代と共生するのだ。

だから、ルールやシステムは残らなくても、それらをふまえて創造されたアートやエンタテインメントの作品は、ミームとなって何百年も残り、時代を変える。

現状の不満を口にして反抗するのではなく、抵抗しながら前に進む。

物理的な破壊ではなく、過去と現在を壊し、明日へ繋げる創造をする。

形式や外側だけを破壊する単純な暴力ではなく、内面からの破壊がパンクの精神である。

だからその力は繊細でありつつ、とてつもない創造のパワーをもたらす。

その結果、生まれたものは、永遠に残る。永遠に伝わる。

その精神のもとに、いつまでも作品を創造し続けたい。

レフン監督や私は、そう考えている。

Punk is an exercise of the introspective spirit in the creation of the future that runs through every creative process. While Rock stops at the desire to defy the present, lament the past, and destroy both, Punk moves on.

Punk not only demolishes the traditions, rules and political systems of our predecessors, but it seeks to reform and make anew. To not just deny our current era, but to refine and thrive within it.

So, while rules and systems fall into obscurity, art and entertainment born from them rise to become memes that endure for hundreds of years and define entire eras.

To not just speak your dissatisfaction, but to resist and persist forward.

To not just physically destroy, but to shatter the past and present and create a path toward the future.

To not use simple violence to demolish the form or the exterior – it is the spirit of punk to demolish from the inside out.

Punk’s power is subtle but extraordinary.

Ideas born of this power last and spread for an eternity.

With this spirit is a desire to endlessly create.

Nicolas and I believe this.

Created with Sketch.

Feedback